*

ローンの借り換えとシュミレーションについて

   

前もってしっかりシュミレーションをしてからでなければ、ローンの借りかえを決断するべきではありません。

借りかえが適切な判断なのかを知るためには、借りかえた時と借りかえない時、両方の試算が必要です。

頑張って借りかえをしたのに、しないほうがむしろよかったということにもなってしまいます。

適切な借りかえをすれば、月々の返済負担が楽になったり、完済までに必要な金額を少なく抑えることが可能になります。

適切な借りかえ先を選べば、返済までに必要に金額は少なくできますが、計算を誤ったために、完済までに必要な金額が増えてしまうこともありえます。

ローンを借りかえることは、いい点と、注意点とがありますので、事前にシュミレーションをしておきましょう。

手数料がかかることを考慮する

借りかえ手数料のこともシュミレーションに加えることが、ローンの借りかえ時には注意すべき点です。

借りかえには、手数料がかかります。

金利の低いローンへ借りかえをしても、新しいローンの返済総額と、借りかえ時の手数料を足すと、借りかえ前の返済総額をオーバーすることがあります。

もしも、月毎の返済金額を少なくして、家系を圧迫せずに返済ができるようにしたとしても、それで利息がふえてしまっては損な話です。

ローン融資を受けた場合、返済が終了するまで、一つの金融機関を使い続けなければいけない道理はありません。

別な金融会社に返済ができるように、借りかえをするという選択肢があります。

悪いことでも、契約に反したことでもなく、条件さえ合致すれば誰が行っても構わないことです。
http://www.nfibexposed.net/が参考になりました。

 - お金の上手な借り方