*

タイミングが読めないFX 資金大目に用意しスワップ受け取るのも攻略の1つ

      2017/05/23

FXは日本の株式市場が9時から15時まで取引されるのに対して、24時間トレードできるところが魅力的です。

もう少し売買をしたいと思っても株式なら15時までで翌日に取引が持ち越されるのですが、FXであればより時間に余裕があるので、自分のペースで取引をすることができます。

それは取引が自由な分、時間管理をしっかりしておかないとのめりこんでしまう恐れがあるので、自分で時間管理をしっかりしておく必要があります。

ついつい利益がのっていると次々へと取引してしまい、時間を忘れて引きこもって取引してしまうことになります。

しかし相場なのでいつもいつもうまく取引できるとは限らないし、何かの事件で相場の顔つきが変わり思わぬ損失をこうむることがあります。

 

売買するタイミングが難しい

FXで扱っている通貨は業者にもよりますが、ドル、ユーロ、ランド、トルコリラなど幅広く用意されていることが一般的です。

ある程度証拠金を入れておけば、思わぬ方向に相場が走った時、ある程度資金が回復するまでスワップを受け取ってしのいだり、証拠金を失うことを防ぐことができます。

売買をするタイミングは難しく、いつがベストのタイミングとはいえないので、ストップロスをおきながら売買するのがFXトレードではいい攻略方法です。

強制決済されないようにある程度多めに資金を用意し、資金管理をしながらトレードをすることは大切なことです。

相場は読めないのでそうしておくことである程度精神管理ができるし、スワップを受け取りながら資産を増やしていくのも投資攻略の1つです

 

http://www.cheapscoolbag.com/が参考になりました。

 

 - お金の上手な借り方